ホームページサンプル株式会社のサイトです

費用保険金とは?

費用保険金とは?

火災保険というと建物の被害を保障してくれるだけのものと思っていないでしょうか。実は火災保険にはいろいろな費用保険金というものがあり、それらを活用することでより多くの保険金を受け取ることができるのです。ではいったいどんな費用保険金があるのでしょうか。

地震火災費用保険金

これは地震や火山の噴火に伴って生じた火災に対する保障です。日本は地震大国でありいつどこで大きな地震が起こるかわかりません。そこでその地震に起因する火災に対する保障も非常に重要なのです。さらにこの費用保険金は地震だけでなくその地震によって引き起こされた津波による火災も保障してくれます。ただし火災に限定されたものであることを覚えておきましょう。

残存物取り片付け費用保険金

火災によって建物が焼失するとがれきや燃え残りが残ってしまうことがあります。そうした残存物の片付けにも当然費用が掛かります。新たな建物を建てるにしてもまずは残存物を取り除くことが先決ですから、そのための費用保険金が支払われるのは助かるでしょう。これは損害保険金の10%を限度として支払われます。

失火見舞い保険金

火災保険によって保障されるのは自分の持ち家だけではありません。自分の家が火事になりその延焼によって他の家に被害を及ぼしてしまった場合、失火見舞い保険金が支払われます。これは被害を与えてしまった相手に支払うものです。ただし被害世帯一件につき30万円程度が限度となっているので、個人の賠償の足しになるというわけではありません。

損害防止費用保険金

火災などが発生すると被害を最小限に抑えようとしていろいろな策が講じられます。その対策に要した実費を保障してくれるのが損害防止費用保険金です。消火活動が行われたのであればその費用、消火剤の詰め替えが必要になればその費用が保障されます。こうした細かい費用が保障されることを覚えておくと、意外なところで保険金を受け取れるかもしれません。