ホームページサンプル株式会社のサイトです

空き家の火災保険

空き家の火災保険

火災保険というと、自分が住んでいる家やマンションのものと思い込んでいないでしょうか。たしかに今自分が住んでいる家がもっとも重要なのは間違いありませんが、別に空き家を所有している方の場合、そちらの方にも火災保険をかけておくことができます。その意味やメリットについてよく知っておくようにしたいものです。

空き家を所有するケース

いきなり自宅以外の家を持つということは通常ありません。しかし状況によっては空き家を自分で管理しなければならないということが生じ得るのです。たとえば両親が亡くなった場合にはその持ち家は空き家になってしまいます。特に両親と離れて住んでいる方であれば管理するのも大変でしょう。そんな家にわざわざ火災保険をかける意味があるのだろうかと思うかもしれませんが、実はそこには重要な意味があるのです。

空き家の火災保険のメリット

自分が住んでいるのではない空き家が火事になった場合、その損傷度合いに関わらず管理を続けることが法律によって定められています。つまり損傷がひどいからそのまま放置しておくということができないのです。そうであれば火災保険に入っておいていくらかの保険金を得てそれを管理の足しにする方が賢い方法ということができるでしょう。保険料は支払わなければなりませんが、万が一の時のためという意味では自分が住んでいる家の保険と変わりないのです。

空き家の火災保険の保険料

残念ながら空き家の火災保険の保険料は高くなる傾向があります。空き家は人が住んでいる「専用住宅」ではなく「一般物件」という扱いになるからです。空き家は管理者がいないので損傷を受ける可能性が高く、保険会社としてもリスクが高いため保険料は必然的に高くなるのです。もし保険料を高くしたくないのであれば、家財道具などを揃えて管理をし、すぐにでも人が住める状態にすれば専用住宅として扱われる可能性もあります。詳しい情報を保険会社から聞いて賢い火災保険選びをしましょう。