ホームページサンプル株式会社のサイトです

火災保険の免責事項

火災保険の免責事項

火災保険に入っている方は、どんな原因であっても火災によって家が被害を受けたなら保障を受けられると思っているかもしれません。しかしそれは大きな勘違いです。どんな保険にも免責事項というものがあります。それはある特定の原因によって被害が出てしまった場合に保険会社の支払い義務を免除するというものです。この免責事項に該当してしまった場合には保険金が支払われないということになります。ではどんなケースが火災保険の免責事項に該当するのでしょうか。

自分や家族が放火した場合

あってはならないことですが、時に保険金をだまし取ろうとして自分で家に火をつける人がいます。それがわかった場合には保険金は支払われません。では被保険者の家族が放火した場合はどうでしょうか。規約にもよりますが、基本的には免責になるということを覚えておきましょう。やはり保険金は支払われないということです。中には小さなお子さんが火遊びをしていて、それが原因で火事になってしまうというケースもあります。子供のしたことだから保険金が支払われると思っていると危険です。監督責任を問われて免責事項に該当することもあります。

不注意で火事になった場合

自分の不注意によって防げるはずの火事が起こってしまったという場合にも免責事項によって保険金が支払われないということがあります。たとえばタバコの火を消し忘れて寝てしまったという場合には、火を消すという簡単なことを怠ったゆえに起こった火事なので保険金は支払われません。石油ストーブが付いたまま給油をし、結果火事になってしまった場合も同様の理由で免責事項に当たります。

他の家からの延焼など

他の家が火事になり、そこから延焼して被害を受けた場合にも、保険会社から保険金を受け取ることは基本的にできません。さらに他の家を消火しようとした水によって家が損壊した場合にも消防法の規定によって何かの保障を受けることはできないのです。こうした免責事項についても良く知っておきましょう。