ホームページサンプル株式会社のサイトです

火災保険の保険金のポイント

火災保険の保険金のポイント

火災保険に限らず、保険を契約する時に気になるのはどのくらいの保険金を受け取ることができるかということではないでしょうか。生命保険や自動車保険の場合、保険内容に受け取れる保険金の額が明記されているので安心ですが、火災保険の場合はどのくらいの保険金を受け取ることができるのでしょうか。さらにどのような点に注意する必要があるのでしょうか。

戸建ての場合

もし一戸建ての家を購入した場合、火災保険によって受け取れる保険金の金額は購入した費用よりもかなり低くなるのが一般的です。これは購入費に土地代が含まれているのに対し、火災保険では建物をもう一度建てるための金額が支払われるからです。もし保険金の金額で不安があれば必ず担当者に確認するようにしましょう。さらに建物の価値は年々下がっていくので評価額が変わっていきます。評価額を定期的に見直すことによって適正な保険料と保険金にすることができるでしょう。

マンションの場合

分譲マンションに住んでいる方の場合、当然火災保険の保険料は専有部分のみだけでいいということになります。しかし中にはマンションの購入価格に対する保険料を支払っている方もいます。それでは土地代や管理会社の利益の分まで保険料を支払っていることになるので無駄です。しっかりと保険料がどの費用に掛かっているのかを確認しましょう。さらに壁がどこまで自分の専有部分なのかも保険金に大きく関わってくることを覚えておきましょう。

保険料はできるだけ安く

火災保険の難しいところは保険料をたくさん払っても、原則として建物や家財の評価額しか受け取れないということです。最初の建物の評価額が高くてそれに見合った保険料を支払っていても、年月の経過によって建物の評価額が下がっているということがあり得ます。その場合、評価額分しか保険金を受け取ることができません。保険料を無駄に支払わないようにするために、定期的に建物・家財の評価をし直してもらいましょう。