ホームページサンプル株式会社のサイトです

火災保険で保障されるもの

火災保険で保障されるもの

火災保険というとどうしても建物のための保険というイメージがあるかもしれません。しかし火災保険には別の保障対象となるものもあります。また保障されそうなものの保障されないというものもあります。この点をよく知っておくことは非常に重要です。いざ保険金を受け取ろうとした時に、思ったような保障を受けられないということを避けるためにも、どんなものが保障の対象となるのかを知っておくようにしましょう。

建物

当然ですが、火災保険では家やマンションなどの建物は保障の対象となります。火災保険に加入する時には建物の評価額を算定して、その評価額によって保険料が変わってきます。この火災保険のための評価は一般的な不動産鑑定などとは少し異なるものなので、実際に保険会社に来てもらって査定してもらわないと評価額は分かりません。さらに建物の評価額は築年数によっても変わってくるので、定期的に評価を見直してもらうのが賢い方法です。

家財

建物の保険には入っているものの、家財は対象外という方は意外と多いものです。しかし容易に想像できるように、火事や他の災害によって被害に遭うのは建物だけではありません。家の中にあるものも当然被害を受けるので、火災保険に入る場合には家財も保障対象にしておいた方がいいでしょう。しかし各家にある家財すべてを評価することは不可能なので、保険会社は総務省の家計調査をもとに保険金額を設定しています。もしジュエリーなど特別な家財があるのであれば前もって申告しておくことによって保険の対象に入れてくれるかもしれません。

車は対象外に

では家の火災によって車が炎上してしまった場合はどうでしょうか。実は車は火災保険の対象外です。したがって火災保険による保険金は受け取ることができません。しかし車両保険に入っている場合にはそちらの保険金は受け取ることができます。自分の契約している保険に穴がないかどうかをしっかり確認しておくようにしたいものです。