ホームページサンプル株式会社のサイトです

火災保険の対象の災害

火災保険の対象の災害

火災保険という名前からすると、保障の対象となるのが火事だけだろうと思っている方も少なくありません。しかし実は火災保険は非常に多くの自然災害もカバーしている保険なので、災害の多い場所に住んでいる方であれば、入っておくメリットが非常に大きい保険であると言えます。ではどんな災害によって保険金を受け取ることができるのか見てみましょう。

火事

当然ですが、火事によって家が焼け落ちてしまったり家財に被害が出てしまったりした場合には火災保険によって保障されます。第三者からの放火によって家が焼失した場合も基本的には保険金が支払われることになります。しかし保険金目的で被保険者が放火した場合やタバコの火の不始末によって火事になってしまった場合、紛争などで放火の被害に遭った場合などの特殊なケースでは保険金は支払われません。

風災

強い風によって屋根が飛ばされたり、看板などが飛んできて家に被害が及んだ場合などにも火災保険が適用されます。特に台風が良く通る地域に住んでいる方であれば、火災保険に加入することによって被害があっても保険金を受け取ることができるかもしれません。また近年ニュースになる事が多くなった竜巻も風災として火災保険の対象になると考えることができます。

雪災

豪雪地帯にお住まいの方であれば雪災によって家が壊れてしまうということがあります。火災保険では雪災も保障の対象となります。直接的に雪が家を壊すということがなくても、雪解け水による洪水で建物・家財が被害に遭えば保険金が支払われるのです。

破裂・爆発

あまりイメージが湧かないかもしれませんが、破裂や爆発も火災保険で対応可能です。どんなものが破裂や爆発に含まれるのでしょうか。たとえば家にあった消火器が爆発した、カセットボンベが破裂したといったケースでは保険金が支払われることが多いです。その他にも火災保険の対象となるものがありますから、約款をよく読んでどんなケースなのか知っておくようにしましょう。