ホームページサンプル株式会社のサイトです

火災保険とは

火災保険とは

日本人は保険への加入率が世界の中でも高いことが良く知られています。特に世界の中でも加入率が高いと言われるのが生命保険です。しかし日本人は生命保険だけではなく、自動車保険や医療保険などさまざまな保険に加入しています。そういった数多くある保険の中で意外と見落とされがちなのが火災保険です。火災保険というと火事によって家が燃えてしまった時のための保険というイメージがあるかもしれませんが、よく調べてみるといろいろな特徴があることが分かるのです。火災保険の事をよく知って、もし自分の役に立ちそうなのであれば利用してみてもいいかもしれません。

火災保険とは災害から財産を守るもの

そもそも火災保険とは火災や他の災害によって建物や家財が被害を受けた時のためのものです。ここでポイントとなるのは火災保険の対象となるのが建物だけではないということです。建物のような不動産はもちろんのこと、家財道具のような動産も保障の対象となります。商売をしている方の場合、家の中にある商品なども保障されます。したがって持ち家なのか貸家なのかによって保険に入る目的が異なるということになります。たとえば自分の持ち家であるならば保険によって不動産を守ることになりますし、賃貸住宅であれば家の中にある家財に保険をかけておくということになるでしょう。

火災保険比較コンシェル
安い火災保険を比較する

火災保険の対象となる災害

火災保険と聞くと、火事の場合しか保障されないと思っている方も多いかもしれません。しかし実は保険金が下りるのは火事の場合だけではないのです。支払っている保険料によっても異なりますが、火災に加えて落雷、爆発、風災、雹災、雪災、外部からの落下なども保障の対象となる事があります。つまり台風や豪雪によって建物が壊れたり家財道具に被害が及んでしまったりした場合にはこの火災保険によって保障を受けることができるのです。自分では保険が適用されないと思っていても、意外なところで自然災害による被害と認定されることがあるので注意が必要です。時には約款などに明記されていないものもあるので、わからないことがあれば何でも担当者に尋ねるようにしましょう。

火災保険の保険料の決め方

自動車保険や生命保険は自分が望む保障内容によって保険料が決まります。言い換えれば自分である程度保険料をコントロールすることができるということです。保険料を抑えたければ保障内容を削れば良いからです。しかし火災保険に関しては少し異なります。保険料を決める上でもっとも重要になるのが建物の住所と建物の構造です。同じ構造の建物でも北海道と沖縄にある建物では保険料が異なります。同じ場所にある建物でも平屋か二階建てかによって建物の評価が変わり、保険料もそれに伴って変わってくるのです。もしこれから火災保険の契約をしようとしている方は、この点も念頭に置いておいた方がいいでしょう。

火災保険の注意点

火災保険でもっとも重要になるのが建物や家財の評価額です。この評価額によって受け取ることのできる保険金が変わってきます。特に注意が必要になるのが、建物の評価額です。建物の評価額は新築の時から時間を経るにしたがって下がっていきます。たとえば新築当初は1億円の価値があった建物も、30年後には数千万円程度の価値しかないということがあります。新築の時に火災保険に加入してそのまま見直さないとすれば、高い保険料を払い続けてしまうことになります。そしていざ火災などによって保険金を受け取ろうとした時に思ったような金額の保険金がもらえないということが起こり得るのです。このため、火災保険に加入した場合には定期的に、可能なら五年毎に火災保険の見直しをすることが勧められています。そうすれば無駄な保険料を支払わずに済むのです。

火災保険は万が一の時に役立つ保険です。自分の持ち家だけでなく家財も守ることができるものですから、自然災害の多い地域に住んでいる方であれば一度加入を検討してみましょう。


xn--n8j246ge7bu0mvl2ccfqwjm.net
安い自動車保険を比較する